髪のパサつき・洗い方と乾かし方のポイント

髪のパサつきなどが気になった時折、シャンプーの見直しやリンス、コンディショナー、トリートメントの使用などと一気に流し方や乾かし方についても見直してみましょう。
ここでは髪の洗い方と乾かし方のポイントのご紹介だ。
シャンプーの前に小気味よくブラッシングで汚れを浮き上がらせておきます。
しかし傷んでいる髪はブラッシングしすぎると逆効果になるので、絡まった部分などはやさしくほぐしてやるようにください。
そしてシャンプーをスタートします。
一層シャワーのぬるま湯で予備洗いをしますが、髪全体に水分を馴染ませ、頭皮と髪も水分で馴染ませておくことで髪と頭皮全体にシャンプー効果がアップするのです。
次に手の平にシャンプー剤を乗せて泡立てを思う存分行い髪に付けていきましょう。
クリームタイプの場合は手の平に馴染ませて髪に付けていきます。
シャンプーを行う時折10本指をすべて使用し、指を広げ、指の腹を頭皮に小気味よく圧するように揉みながら移動して洗っていきます。
こういうときに爪を立てないように注意しましょう。
そしてトップクラスを頭皮に押し付けながら、気持ちよく弾くようにマッサージも増しましょう。
毛穴の汚れも浮き上がらせることができ、マッサージ効果と洗浄効果両方が共々行えます。
あとは思う存分落とすだけですが、以外ときれいに落としているつもりでもササッとすすぎには1分も掛けてないことが多いものです。
しかしすすぎはとても重要であり、3分ほど行うようにしましょう。
現に3分は意外と長いので、初めて時計で計ってみるといいのではないでしょうか。
次にリンス、コンディショナー、トリートメントなどを使用する場合、頭皮につけず髪だけをイメージして付けて赴き、すすぎもじっくり行います。
中でも毛先は傷みやすいので集中的にこれらを利用しましょう。
そして乾かし方ですが、甘くタオルドライを行いますが、こういうときにタオルで髪を包み込むように水分を取ります。
グシャグシャとタオルドライを行うと、キューティクルが剥がれる原因となるので駄目。
あとはドライヤーで乾かしますが、20�pは離して使用しましょう。
地肌から干すようにし、最後の毛先を乾かしますが、基本は斜め上から下へとドライヤーを使用します。
乾燥していらっしゃる人はシャンプー後にタオルドライだけで、乾かさない方が良いと勘違いしておる人もいますが、逆にいつまでも湿ってあるためキューティクルが解き放ちっぱなしになるので逆効果だ。huppeskemp.nl