赤ちゃんの言葉学習

赤ちゃんが言葉を学習する仕組みを理解するため、英語教材の選び方が変わってきます。
大人になってから英語を学んでも、簡単には身に付かないことを多くの人が経験しています。
生まれたての赤ちゃんなら自然と言葉を学習することができるため、英語を教えようというのでしょう。
おすすめの教材はお母さんの言葉ではありません。
教材として作られたDVDを購入して、テレビで再生しておきましょう。
お母さんがそれを見ながら説明する必要はありません。
日本語と英語を対比して説明しようとすると、それほど無理が出てくるのです。
英語圏の人は英語の単語単位を考えながら口にしているわけではありません。
日本人が日本語を話す状況と同じです。
頭の中では英語で考えています。
日本人の多くは英語を話せる人は日本語で考えたことを念頭で英訳していると思っています。
しかし、それは大きな間違いだ。
英語を話す時折英語で考えているのです。
赤ちゃんが英語を学習する状況も同じです。
とある単語が日本語と英語では全く違う音であり、口の動かし方も違うとしても、そのことを不思議だと思っておるわけではありません。
おすすめの教材は赤ちゃんがうれしいと見える状況を探ることです。
そして、そこは英語圏の生活の場となっていることでしょう。
外国で生まれた日本人なら英語を普通に話します。
DVDを見せるため、外国にある状況と同じになるのです。
やはり、日本語のDVDを見せてはいけないと言うことではなく、メリハリをつけることが重要です。
ミッキーマウスの時には英語だけ、アンパンマンの時には日本語だけにすればいいでしょう。
お母さんとお父さんは日本語だけです。
それが日常生活の中に組み込まれておけば、赤ちゃんは日本語と英語の両方を学習することができます。
ただ、文字を各段階になるとちょこっと教材を変えなければなりません。
日本語の文字を書く時も、何度も練習しなければ上手くなりません。
お手本が必要だからです。
英語学習においても同じです。
赤ちゃんの言葉学習は3歳までに終わっていると言われています。
それまでは耳からの情報だけでOKし、それ以降はほとんど効果がないのです。
自分の子どもが英語を喋れるようにしたいなら、教材の選び方が重要です。http://www.smsdepil.nl/