夏バテには豚肉が効く

豚肉は、断じてスタミナが有りそうな食材ですね。
豚肉の生姜焼きなどをモリモリ食べると、何だか元気になりそうな気がします。
豚肉は長寿の県としてばれる沖縄では、単に食べられてある食材だ。
沖縄の方たちは、豚肉を余すところなく扱う事でも有名ですね。
豚足から豚の耳まで取ることでも知られています。
ですから、沖縄の方々は長生き変わるのかもしれませんね。

ですので豚肉は夏バテ対策にもピッタリの食材と言えるでしょう。
ではどのように体に良いのでしょうか。

ともかく、豚肉には豊富にビタミンB1が入っています。
ビタミンB1は糖質(ごはんやパン)をエネルギーに変換する場合選べるビタミンだ。
ビタミンB1が不足するとどんなにごはんをいくらでも食べてもエネルギーになりませんので、元気が出ないのです。
豚肉と言えばビタミンB1と言えるくらい、豊富に入っています。

またビタミンB3(ナイアシン)も多く、こういうナイアシンは美肌作りや血行を促進する作用もあります。

その他ビタミンB1、B3意外のB群や、ビタミンA、C,D、E、K、ナトリウム、カルシウム等々、沢山のビタミンやミネラルが豊富に含まれているのですから驚きです。

夏バテ対策としてビタミンB1をより摂りたいなら、豚肉のヒレに一番B1が多いので、ヒレ肉がおすすめです。
しかもヒレ肉は脂肪が少ないし柔らかく喜ばしいので、豚肉のヒレを積極的に料理に活用しましょう。

また、そのビタミンB1の働きをグングン活発にできる、いくつかの食材があります。
それは、ネギ類、にんにく、にら等と、クエン酸を用いるレモンやお酢だ。
玉ねぎや長ネギ、ニンニク等にはアリシンという成分が入っているのですが、こういうアリシンがビタミンB1と結合すると、アリチアミンという成分に変化し、こういう成分がビタミンB1を体内に長くとどまる役割を通じてくれるのです。
ですから疲労回復によく効くようになります。
豚肉の生姜焼きにもとにかく玉ねぎを与えますし、焼肉にもニンニクをよく使いますが、美味くもなるし体にも嬉しいについてになりますね。

また、レモンやお酢などにあるクエン酸とビタミンB群を一緒に摂ると、相乗効果で一層疲労回復に効くようになります。
豚肉とお酢は味的にも相性がいいですから、焼いたり煮込んだりする時にお酢を使うと良いですね。http://www.forzaworkshops.nl/