ほうれい線対策・ほうれい線をメイクでカバー

ほうれい線は、適う前から予防を行うことが大切です。
しかしできてしまったほうれい線は、多少なりとも改善することと共々、ほうれい線をカバーするメイク法を取り入れていきましょう。
一旦ほうれい線には2種類のタイプがあります。
一つは乾燥にて、表情が動くときに見て取れるほうれい線ですが、この場合は浅いもので表情を大して動かさない時折目立ちません。
それほどのタイプは奥深いほうれい線ですが、この場合はコラーゲンの減少や表情筋の緩みなどから、じっとほうれい線が出来てしまったもので、表情をめったに動かさないときでも目立ってしまう。
これら2つのタイプはメイク法も変わってきますが、基本的に保湿ケアをしっかり行うことは結構重要です。
乾燥肌がひどくなるとファンデーションなどの密着もひどく、ヨレや崩れの原因となり、ほうれい線をカバーすることができずに逆に目立ってしまうこともあります。
とりあえず浅いほうれい線の場合は、保湿をしっかりするだけで目立たなくなりますが、ファンデーションを塗りつける時折液体状のファンデーションを薄塗りするのがポイントです。
液体状というと、例えばリキッド系、緩めのクリーム系、BBクリーム系などがあります。
ぜひツヤのある肌に成し遂げるものを選び、ほうれい線を全然意識せずに全体に薄塗りにすることがポイントです。
そして光の反射で顔に立体感を持たせます。
またメイクも鼻筋を協調したり、全体に立体感を取り出すメイクにするほうが、ほうれい線は再び目立たなくなるでしょう。
次に奥深いほうれい線の場合は、とにかくファンデーションを塗りつける前にベースメイクとしてシリコン系のものを使用します。
シリコン系のタイプは肌に密着し、肌の凸凹を平らとしてくれる効果があります。
そのためほうれい線を滑らかにし、ファンデーションを塗ってもめくれにくく密着するのです。
顔全体に使用すると乾燥肌や毛穴が際立つ肌も上手にカバーするので、加齢肌にもシリコン系の下地クリームはおすすめです。
ほうれい線の部分に附けるファンデーションやシリコン系のコンシーラは全体のカラーより少し明るめのものを使用します。
それによって凹みを光りで移す効果があります。
ただし明るすぎるとほうれい線が変に目立ってしまい、逆効果になるので注意しなければなりません。
付け方としてはほうれい線のところに指の腹において、擦るのではなくぽんぽんと早くたたくように乗せていきましょう。
また目元に華やかなメイクを通してポイントを目にとって出向くため、ほうれい線に目を向けさせないようにすることも大切です。http://xn--h9j2a9c2czfocuvw81sig8d7igy92c.com/